【沖縄】慶良間諸島でシュノーケリングツアーに参加するならココ!人気ツアー会社の情報を口コミも込みでまとめました!

シュノーケリングはいつまでに予約すればいいの?予約が埋まる時期とは

公開日:2022/03/15


シュノーケリングが楽しめるのは夏だけと思っていませんか?実は、沖縄ではシュノーケリングは一年中楽しめるアクティビティです。繁忙期は他のお客さんも多く、予約もすぐ埋まってしまうことも。そこで今回は、シュノーケリングの予約時期に関してご紹介していきます。ぜひ旅の計画の参考にしてみてください。

観光シーズンはやはり混みがち

4〜5月のゴールデンウイーク、7〜8月の夏休み、9月のシルバーウイークはやはり繁忙期で、その期間の土日祝になると飛行機も宿も、アクティビティの予約も何か月も前から埋まってしまう場合が多いです。この繁忙期に旅の予定をしている人は、旅行やアクティビティの計画・予約は早めにしておくことをおすすめします。

できれば、この繁忙期を避けることをおすすめしますが、お仕事などの都合で休みが取れない人もいると思います。その場合は、早朝便の飛行機を利用すると、予約も若干取りやすくなりますし、飛行機の価格も少し抑えることができます。

シュノーケリング自体は一年中楽しめる!

実は沖縄ではシュノーケリングを一年中楽しむことができるアクティビティです。驚かれるかもしれませんが、ご存知の通り沖縄は1年を通して温暖。その温暖さはもちろん水中でも同じで、水温は1年を通して20℃を下回ることはありません。シーズンごとの特徴を以下でご紹介していきます。

海開きは3〜4月

沖縄の海開きは早い場合は3月ごろ。本土では7月ごろに海開きが行われることがほとんどなので、驚かれるかもしれません。シュノーケリングのように、長時間水中にいるアクティビティの場合、保温のためにウエットスーツが必要になってきますが、ウエットスーツを着用すれば問題なくシュノーケリングを楽しむことができます。

梅雨シーズンの5〜6月

5月になると沖縄では梅雨のシーズンの到来です。しかし、本土と違いしとしとと降り続ける雨ではなく、ザッと降ってすぐあがるスコールのようなふり方なので、シュノーケリング中はそこまで気にはなりません。さらに、6月に入ると梅雨も開け、気温も水温も上がり、気持ちのよいシュノーケリングを楽しむことができます。

夏を満喫するなら7月〜8月

夏休みを迎え、街はもちろん、海の中も人で賑わうハイシーズンです。気温も30℃を超えるので「まだ海に入っていたい」と思う人も多いはず。沖縄の水温の場合、水着やラッシュガードでもシュノーケリングを楽しむことができます。南の島の日差しは強烈なので、日焼け対策を万全にしましょう。近年、日焼け止めによるサンゴへの影響が問題視され始め、サンゴに優しい日焼け止めなども販売されています。環境にも配慮しながらシュノーケリングを楽しみましょう。

実は狙い目の9〜10月

海の中の季節は、陸の1〜2か月遅れでやってきます。なので、水温はまだまだ高いまま、陸の気温も段々と過ごしやすくなってくる、実はシュノーケリングのベストシーズンです。シルバーウイーク付近は毎年混雑が予想されますが、そこを避ければ夏場ほどの混雑はありません。ただ、注意したいのは台風。台風情報は旅行に行く数日前からこまめにチェックするようにしましょう。

冬シーズン11〜2月

沖縄は冬のシーズンでも海の水温が20℃代をキープするので、ウエットスーツを着れば問題なくシュノーケリングを楽しむことができます。しかし、北風が吹くと濡れたままの体では、気加熱で冷えてしまうので、風を通さないボートコートを羽織ったり、海から上がったらすぐに乾いた服に着替えたりすると、船上やビーチでも快適に過ごすことができます。ただし、年末年始はお客さんが多い繁忙期になるので注意しましょう。

観光シーズンは旅費も上がるので注意!

観光シーズンは、他の観光客が多いだけでなく、旅費もとても高くなります。やはり、7〜8月の夏休みシーズンを筆頭に、4〜5月のゴールデンウイーク、9月のシルバーウイーク、年末年始、祝日が金曜日か土曜日にくっついた3連休などは旅費が通常の倍以上することもあります。

需要も一気にそのシーズンに集中するので、その逆にゴールデンウイーク明けの5月下旬〜夏休み前の6月下旬までや、シルバーウイークが明けた9月下旬〜10月ごろは一気に飛行機代もホテル代も安くなるので、日程の都合がつく方は、閑散期に旅行のスケジュールを調整してみてはいかがでしょうか。また、閑散期にシュノーケリングをすることで、少人数で楽しむこともできます。

 

今回は、シュノーケリングはいつまでに予約すればよいのか、予約が埋まりやすい時期はいつなのかについてご紹介してきました。基本的に、7〜8月の夏休みシーズンが一番のハイシーズン、他に、4〜5月のゴールデンウイーク、9月のシルバーウイーク、年末年始は繁忙期で観光客の数も多く、シュノーケリングの予約も早ければ数か月前には埋まってしまいます。沖縄の海は水温が20℃を下回ることもあまりなく、シュノーケリングは夏以外でも一年中楽しむことができるアクティビティ。もちろん、ハイシーズンを外した時期でもシュノーケリングの予約・参加が可能なので、旅の思い出作りにぜひトライしてみてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【沖縄】慶良間のシュノーケリングツアーおすすめ5選

イメージ
会社名株式会社OPGトータルマリンスポット
NEWS
Sea Worldマリンハウスシーサーカイザーマリンクラブ
会社情報通常料金でシュノーケリングとアクティビティができる1年中遊べるマリンアクティビティパラセーリングの総集客数15万人の実績があるライセンスを取得してダイバーデビューができるインストラクターが手の届く範囲でサポート
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく